FateHF。分岐が透けて見えてくる、あるいはゲーム故の構造をアニメに落とし込むときの齟齬はハッキリと見える*1あたり、十分に予習してきてねという内容なのだが、そういう作品だからコロナ下での初ヒット映画になれるかも、というのはあるんだろう。とりあえず状況が状況なのでヒットはして欲しい。

 

あと何度も同じようなことを言っている気がするが、Fate HF は思った以上に客層が若い。

自分がリアルタイムで接していない10年以上も前に始まった作品に付き合うっていう感覚はよく分からんなあと思ったが、よく考えたら自分はもともとヤマトとかガンダムとかはかなり醒めた見方をしていたので、単に自分がそういう考え方をしているというだけでしかないのだろうなという気はした。若い人たちは今から頑張って死徒27祖とかを調べていくんだなあと考えると、まあマジでガンダムと変わらん。

 

*1:ゲームはルート別にキャラを掘り下げる、つまりifを何度も繰り返しつつ物語れるという構造があるので、例えばキャラ間の関係が常に物語を収束するようには働かない。本作ではセイバーもイリヤも言峰も浮きまくっているが、作品の性格上それ自体を疵と考えるのはコンセプト自体にケンカを売るだけであまり意味がないように思える

日本沈没2020、面白すぎなのでは? こんな素直に腹の底から笑えたのはいつ以来か……

ダーッド……こういう神作を求めていたんだよダーッド

楽しまなきゃ損! 損! ちょっとスカッとした!

 

 

 

全話一気見してしまった。人が死ぬシーンはだいたい最高の名シーンばっかりだったけど、さすがに2話がピークでしたね。次は民族主義者の出オチ。その次は漁師のオッサン。

ありがとうnetflix。元気出た。

 

風立ちぬの時ですら頑張って言い訳を探し続けて読むのを回避しきった「罪と罰」、ある映画を見てついに年貢の納め時と思い読み始めた

まあやっぱ読まないとあかんですねこれ ぐぬぬ

やっぱ大きい賞を獲るような映画って、合う合わないの補正はあるにしても面白いことを否定するのは難しいよなー

という限界をブチ破るうんこに出会えたので満足している

こんなあからさまな話題逸らしの茶番、いくらなんでもどうでもよすぎるというか、さすがに茶番過ぎてネタとして笑うことすら無理なのでは? 何なんだこりゃ?

と思っていたのに普通に茶番が茶番のまま粛々と進んでいってて、敵味方なくノリノリなのは本当に凄い。あまりの鮮やかさに怒るとか呆れるとかよりも感心してしまった

 

なるほど感が凄いというか、相当なやり手というか、対象の頭がどれくらいウェーイな感じなのかをしっかり見定めたうえで茶番を仕掛けてきてるんだなあ。さすがプロだ 違うなあ……

 

Fgoオリュンポスが面白くて驚くなど。

つまらないことしか言えないのだが、英霊とかいうキャラ人気ありきシステムで、しかも当初の予定になかった続編シナリオのわりに、テーマとしっかり符合するようにオリジナルキャラクターが作られていたのは大変に偉い。

 

というような書き方だと忘れるのでメモ代わりに。Fgo第二部は舞台設定にしてもシナリオにしてもifあるいはifを考えるとは何ぞやというテーマが明確にある。で、オリュンポスの場合、誰それが生きてたらどうだったんだろうかというプレイヤーの想像力を強く刺激する内容なんだけど、その力の大半が物語構造とか理屈とかよりもキャラクター性であったというのが大変に偉い。ぐぬぬ

 

ゼタは政治家で中卒*1なので実質田中角栄だったことが判明した

コロナ国難を乗り切るにはゼタに首相になってもらうしかない 角栄の器を持つゼタなら躊躇なくバラマキをしてくれる……

*1:ツイッターで検索すると、これまでは中卒がサジェストされていたが今は政治家がサジェストされる